top
基本理念
スタッフ紹介
医院案内
治療内容[かかりつけ歯科医]
治療内容[定期健診の重要性]
治療内容[歯科用CT]
治療内容[インプラント]
治療内容[インプラント症例]
治療内容[かぶせもの案内]
治療内容[レーザー]
お問い合わせ
地図
1.オールセラミック(自費治療)
アルミナセラミック(人工サファイヤ) ジルコニア(人工ダイヤモンド)を使用した
セラミックだけでできた材料
非常に美しく、天然の歯牙と見分けられないぐらい審美性に優れた材質
最近では、この方法が第一選択となっています。
2.メタルボンド(自費治療)
内側にプラチナ金合金を使用し、その表層にセラミックを化学的に結合させた材料
金属を使用しているため、強度があり、咬合力の強い方、歯と歯の連結が必要な方などには第一選択となります。
3.ハードレジン(保険治療) 保険診療で認められている白い材質
前歯(犬歯から犬歯まで)は金属の表面にハードレジンを機械的に貼り付けたもの、第二小臼歯まではハードレジンのみでできた冠をかぶせます。
保険でできる白い材質ですが、長期使用では強度が弱く、変色しやすい、外れやすいなどの欠点があります。
   審美性  強度  生体親和性  コスト
オールセラミック ×
メタルボンド ×
ハードレジン(保険) × ×
かぶせ物、つめもの の種類
クラウン(冠)・・・・・・歯の周囲をけずりかぶせる治療法
インレー(つめもの)・・・歯の一部を削りつめものをする治療法
1.ゴールド(自費)
生体にもっともやさしく、適度なやわらかさを持つため長期使用にはもっとも適した材料。しかし金色に光るため、審美性に難ありです
2.金銀パラジウム合金(保険診療) 保険診療で認められている金属
粘りがなく硬いため長期使用により、歯に与える悪影響が大きい。
通常の保険診療で入る金属です。
3.チタン
生体内で安定しており金属アレルギーの方へ使用します。
   審美性  強度  生体親和性  コスト
ゴールド × ×
金銀パラジウム合金
(保険)
× ×
チタン ×

基本的には 審美性、強度を兼ね備えたものとしてセラミックがもっともよいでしょう。見た目を気にしない場合はゴールドがおすすめです。

保険材料では、かみ合わせ、咀嚼などは十分可能ですが、長期使用においては
噛み合わせ、歯肉などの悪影響を及ぼす場合もあり、やはり自費材料がお勧めです。

個々の患者様の口腔内の状態などを考慮し、個々に合わせた材料を提案させていただきますので、いろいろご相談ください。

 
Produced By Dental-Internet